2017年4月15日土曜日

アメリカの皆様♪

4月5日より、アメリカからの皆さんをお迎えし、5日間の研修が始りました。初日は、近くの神社にお参りに行ったり、今年は遅咲きですが桜を求めてドライブしたり、わずかな時間でしたが、サンドイッチでお花見を楽しんで頂きました。



前日まで、青空に春の陽気でぽかぽかしていた倉敷でしたが、残念なことに小雨が降り始める肌寒い天気でしたが、心はうきうき♪これから始まる研修にむけて、参加者相互+陽月堂スタッフの交流の始まりです。
リクエストもあったことから、初日の夜はお寿司屋さんに行き、2つのテーブルが競うように回転寿司のお皿を高く積みあげていました。その数、1テーブル50皿!!
陽月堂スペースにて、これから始まる研修のオリエンテーションが行われて初日終了。
皆さんの学習目的は、日本での共同生活や、料理実習、食を味わうことを通じて、「"違い"を楽しみ、万物に支えられていることへの気づきと感謝、そして自分が得たものを他に活かすこと」です。

文化や生活習慣の異なる日本で、掃除、炊事、洗濯等、シンプルな日常を意識しながら体験し、食を通じて生かされ支えられていることを体感しようという企画です。講師の指導のもと研修を進め、手間暇かけた陽月堂ダイニングの食事やパン工房のパンも研修課題に役立てて頂き、日本人のスタッフやボランティアが後方支援を担います。

2日目は、石窯で焼くパン作りの実習を行いました。主食として沢山パンを食べている皆さんですが、パンを作ったことがある人はほとんどいませんでした。陽月堂COCOWINパン工房が使っている、ミャンマーのココナツオイルの話、小麦やパンの話などをお伝えすることからスタートです。

材料選びから、全ての工程を手作りし、炭に火をともしてパンを焼く、という工程を体感して頂き、単に「ナチュラル」や「オーガニック」だから良い、という評価基準ではなく、食べ物に対する意識や、愛を込めて取り組む心に注視してもらいながらパン作りを進めました。
●パン実習の様子はこちらから→http://coco-win.blogspot.jp/


陽月堂ダイニングでは、手間暇かけた「本物の料理」を毎回ご提供させていただきました。研修中には、クッキング実習を行ったり、日本ならではのお料理も味わっていただく機会を設けました。
●ダイニングの様子はこちらから→http://yougetudo-inc.blogspot.jp/

リトリート最終日には、近隣の後楽園、岡山城を見学していただき、和の国、日本の春を満喫していただきました。



そしてこの日のランチは、なーんと、外食で日本人の大好きな?ラーメンランチを食べていただきました。お味の感想は、おいしかった!という方もいれば、NO!という方もいましたが、陽月堂ダイニングのお味とはまた違った日本の味を体験していただけたのではないかと思います。

数日間の日本滞在で、アメリカメンバーのそれぞれの心の中の気づき、得たものを本国アメリカの地で活かし輝いていかれることを祈り、研修は終了しました。