年末年始のご案内

陽月堂は年末年始も通常通りオープンしております。
新年の陽月院へのお参りやご挨拶の際は、
陽月堂ダイニングをご利用下さいませ。
特別メニューをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
ご予約や詳細は、お気軽にお電話下さい。

 ♪お正月特別ランチ(15名様限定★)\5,000円
   ♪その他ご予算に応じてご予約承ります。
 お食事\2,500~ スィーツセット\1,000~
 時間 (ランチ)11:00~13:30 (ディナー)17:00~20:00

TEL: 086-486-3755 (ダイニング:KABA子)



1周年記念ありがとうございました♪12/9

12月9日(土)は、1周年Specialディナーとしてご予約いただいた16名の皆様に特別フルコースを味わって頂き、10日(日)は、交流会で楽しくすごさせて頂きました。
遠方からも、近場でよく奉仕に通ってくださる方たちの中でも"お泊り"で12名の方々がワイワイと過ごされ、また一つ陽月堂のよい思い出が増えました。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

テーブルや室内のお花、飾りつけは、陽月堂からすぐ近くに東京から引っ越してこられた栗原さんがご奉仕してくださいました。有難うございます♪

今回は、お越しになった皆様がよりお料理を中心にゆっくりと話に花を咲かせながら過ごして頂けたらと思い、テーブルを分け、いつもと異なるレイアウトでセッティング。
食前酒から、各テーブルごとに乾杯してスタート、食事に合わせたワインもご提供させて頂き、デザートまでゆ~っくり過ごして頂きました。

メインディッシュは仕入れも難しい、通常は見ることもないTボーンステーキ。皆さんも味とボリュームに歓声を上げて喜んで下さって、嬉しかったです~♪


くまの園のオラこと森田様ご一行&熊本からはるばる、Kaba子シェフのご両親も♪
オラ父上様は「明日死んでもえぇ~」とたくさん召し上がっておられ、Kaba父上様は母上と料理のトレーディングをされて、なんと!ステーキ2枚をペロッと召し上がられて…大盛り上がりのテーブルでした。

お料理の内容は、ダイニングブログ(こちら)をご覧ください。

翌日10日(日)の交流会は、また新たなお客様がたくさん各地から来て下さり、陽月堂の1年を振り返って、ご縁のある皆様と忘年会さながらに楽しく過ごさせて頂きました。
司会は陽月堂の宴会部長♪マヨが担当
 ビッフェ形式で大盤振る舞いの料理が次々と…

料理の合間に、ウィンからスライドを使って、陽月堂ができるまでの半年、陽月堂の1年を振り返り、立ち上げの熱い思い、改装のプロセス、お笑いエピソードなど、面白おかしく語ってくれ、その間、皆さんにはしっかりお料理を召し上がって頂きました。


そして、グループ対抗ゲームで大盛り上がり。1年間陽月堂に来られ、しっかり味覚を磨かれた?!皆様の実力チェック!ということで、飲み物、食べ物の味比べをしました。
どっちが本物かな~~?!
自信たっぷり、見た目で分かるわ~♪
成績優秀チームには、賞品のプレミアムXXX!!!プレゼント

そして、最後は、福引プレゼント♪これまた施設中のあちこちに隠された宝探し探しして頂きました。中身はほんと~に、もらってうれしい物たくさん詰めさせて頂きましたので、中を開けて大盛り上がりの皆様でした。

 多くの皆様にご参加頂き、本当にありがとうございました。また新たな1年に向けて一歩一歩歩んでまいります♪引き続きよろしくお願い申し上げます。









★陽月堂1周年記念イベントのご案内★


いつも、陽月堂のご利用、ご協力をいただき本当に、ありがとうございます!!
おかげさまをもちまして、陽月堂は11月11日に1周年を迎えます。
皆様への感謝を込めて、また、皆様と共に歩んだ1年間を祝しまして、
感謝イベントを開催いたしたく、ご案内申し上げます。

*******************


1年間の感謝を込めて、シェフの熱いハート、
陽月堂スタッフの心からのおもてなしを
心ゆくまで味わって頂きたい…。
陽月堂1年間の集大成、特上の素材と秘伝のレシピで
とっておきの贅沢*スペシャル・フルコースディナーに
皆様のお越しを心より…、心より、お待ち申し上げます。



船津KABA子
**

Yougetudo Dining * 1st Anniversary

 12/9  Special フルコースディナー 

平成29年12月9日(土)
Open (営業時間) 17:00~22:00

*完全予約制*<フルコースディナー> 
お一人様… 15,000

<お飲物> 
ソフトドリンク、ワイン、地ビール等 1,000円~


  • グループやご家族、お友達や大切な方とお越し下さるお客様は、個別テーブルをご用意させて頂きます。お気軽にご相談くださいませ。
  • 遠方からお越しの方、宿泊ご希望の方には、ご優待券をプレゼントさせて頂きます。






 12/10 ★陽月堂★親睦会&ビッフェ 

温かい励ましのお言葉、応援のご試食やご購入、
お手伝いにかけつけ、遠くから足を運んで下さり…、
陽月堂を支え、応援して下さった皆様に感謝をこめて
お得感たっぷりのビッフェランチをご用意させて頂きます。

1年をふりかえり、語り合い、笑いあって
お昼の陽月堂ダイニングで和やかなひと時を
皆様と共に過ごさせて頂きたいと思います。
お気軽にお立ち寄りくださいませ。

平成29年12月10日(日)
Party (親睦会~昼食)  10:30~13:30

参加費… 3,000円

お楽しみ企画♪ご参加の皆様にご案内いたします♪



<お誘い> ~Mayoより~
ダイニング店長の船津KABA子はセアロ師の厳しいご指導の元、料理人としての実力がメキメキとアップしている今日この頃であります。。。
いつも応援してくださる皆様にこの1年の感謝の意を込めて、カバシェフ渾身の力と心を込めたディナーをぜひ!みなさまに味わっていただきたく、陽月堂ダイニングでディナー企画をご提案させていただきます!


定員が限られておりますので、お早目のご予約をお願いいたします。(すでに、数名の方よりご予約を承っております)

遠方からの皆様は、ぜひゆっくりとお泊りでお越しになり、親睦会ビッフェにご参加くださいませ。
当日は、会場でセアロ師に見守って頂こうと考えており、ご講話は設定しておりませんが、お話を伺えるチャンスが頂けるのではと期待いたしております。
1年の終わりでもありますので、セアロ師にご挨拶を…という方も、ぜひご参加くださいませ♪





お申し込みは下記フォーム↓↓又は窓口連絡先まで
  ★ お申込みフォーム ★  



●窓口

(横田/マヨ)TEL:090-7506-4557
(船津/KABA子)090-7927-2147
(ウィン)080-7013-0108
(陽月堂)086-486-3755/(NPO)086-486-3866
(メール)yougetudo@gmail.com




「陽月堂」ってどんな会社だっけ??***

CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの人道支援事業を基盤に、更なる平和貢献を目指し、起業家を育てることを目的に設立され、日本人とミャンマー人が共同で運営しています。陽月堂は、事業実践を通じて日本流の商い精神を追及し、人と人が直接つながり、感謝と尊重の気持ちをもって、互いの更なる幸せと豊かさを分かち合える経営をめざしています。
いつも応援して下さるおねーさま方♪
海外事業部門(ミャンマー)では、日本とミャンマーの繋がりを、経済的な利益目的に利用しあう関係ではなく、人々の幸せのために活かしあう信頼関係に深めていくことを目的に、日本流の商いを産業研究開発、社会起業家育成に反映させ、経済活動を通じた発展途上国への国際貢献を事業展開しています。

薬膳リトリートご参加有難うございました♪


9月16~18日の3日間、薬膳リトリートを実施致しました。 台風18号が直撃!という予報の中でしたが、全国各地から13名の方がお越しくださいました。17日は一時的に激しい風が吹き、大雨が降っていましたが、あっという間にやみ、18日は素晴らしい快晴に恵まれました。...

ミャンマーへ行ってまいりました(9月)

今回の出張では、NPO関連の物資持参や各プロジェクトへの寄付などの受託業務とミャンマーJMCショップへの納品とサンプル品の持参とプレゼンテーション、農産業プロジェクトへのアドバイス等を行いました。

NPOの活動内容と収支報告は、NPOのブログでご確認頂けます。

<農産物加工品研究事業関連>

現地法人JMCのココナツ工房から、ピーナツオイル、はちみつ等のサンプルを受取り、品質チェックを致しました。ココナツの実がミャンマーの農村部で大量に買い占められるという事態を受け、本年度はオイルの生産が全くできませんでした。実際には、5月頃になって、買取りに来た企業と契約をしたものの、結局引き取られることもなく、連絡も途絶えてしまったという村があり、JMCに買取の交渉をしてきたそうですが、品質と取引相手の態度から村の判断できっぱり断る、ということがありました。

COCOWINのココナツオイル生産は、手作り製造方法を行っている以上、年中いつでも可能ではありません。通年製造の実験も行いましたが、どうしても水分残留やろ過工程で目詰まりがする、ココナツの実が濡れてしまい、仕上がりの香りに大きく影響されるなどの結果を受け、2~4月の2か月間のみしか製造しない事を決めています。次の機会は平成30年の2~4月ですので、今から材料となるココナツの実を確保していく必要があります。昨年のトラブルを参考に、なんとか正しい取引先の村が見つかることを願うばかりです。

<ミャンマーの人気商品>

陽月堂から納品した商品の中で、要望が高い物の一つに、スマートフォン、パソコン、タブレット類があります。
中古品がほとんどですが、日本で仕入れられる中古品はまだまだきれいで、型が古いものなどは新品同様で手に入れられます。
肝心なことは、電話も家になかった生活の人々、特に若い世代の人達が、いきなりスマホを手にして使い方をよく理解していない点。陽月堂とJMCは、必ず顧客に対して詳細の説明を行います。単に操作や設定の方法ではなく(それなら地元の店で簡単に聞ける)、ネットの危険性や情報リテラシーを伝える必要があると考えていることから、短時間でもレクチャー時間をもつようにしています。

ソニーのスマホも日本で製造しているわけではなく、また、SIMフリーの機種に限られることから、日本ではあまり流通してないものになります。現地でも手に入れることはできるのに、それでも日本からの中古がいい、と信じ込んでいる消費者も少なくなく、それを良い事に商売ありきの取引をするのではなく、陽月堂はNPO支援活動の精神を受け継ぎ、しっかりと伝えるべきを伝え、上手に便利なものを使って頂けるようにしたいと考えています。


<ミャンマーの日本語を学ぶ学生たち>

日本では、技能実習制度という、外国人に日本で仕事をしながら技能を身に付けてもらおうとする制度があります。常に外国人労働者をめぐっては、どんな制度を設けようとも賛否両論あり、また就労や滞在中のトラブルも絶えません。確信犯的に計画を立て、他の目的で仕事をさせる、あるいは日本にいく、という、どちらか一方だけの問題もありますが、理解やコミュニケーション不足、仕事に対する意識や他国文化に対する情報不足が原因ということは少なくないと思います。

ミャンマーでも、この制度を利用し、ミャンマーで日本語を学んでもらい、日本から要望のあった企業に仲介し学生を日本に送る、という中間団体が数多くあります。うわさが噂を呼んで、日本語を勉強して日本に行こう、という若者が沢山いますが、情報が口コミのみだったり(途上国では公開情報より経験者や噂の情報を重視する傾向が強い)、都合よくうまくいったという話を信じ込んだり、とにかく勘違いが多いのが現状。

最近、介護・看護士として日本で働くミャンマー人が増えてきました。日本語の勉強をさせてもらえ、2-3年日本で介護士としての勉強をしながら働くことができるという話です。ミャンマー人なら相応しいのでは、と思っていましたが、現地でそうした中間団体の日本語学校に通う学生たちが悩んでいるので相談に乗ってもらいたいという依頼が来ました。

14人の学生さん達と面会し、陽月堂のウィンさんから、日本語を独学で学び、日本の大学に通いながらNPO活動に携わり、そして昨年から日本で仕事をし始めた経験者からの話に、学生さん達は興味津々に耳を傾けていました。

介護や看護師になりたい、というわけでもないのに、ただ、日本に行きたい、という学生たち。理由を聞けば、稼ぎたい、親を助けたいと言うけれど、どうもそれさえも言い分けにしか聞こえない。では何が不安かというと、300万K(約30万円)のお金を払わされ、13万の給与から住居や食費を引かれ、手取りが少ない、日本の会社は厳しいと聞く、面接したのに何の連絡もない、説明がない…、といった内容に口をそろえます。

ウィンさんの話の概要

(日本語で話し、分からないところをビルマ語で)

自分で目標もないのに、文句だけ言うようなミャンマー人は日本に行かない方がいい。ミャンマー人として恥ずかしいですよ。

不安なことがあれば直接聞いて、本当に相手が悪いのか、自分が無知なのか知ることが大事。厳しいのは当たり前です。
日本人は良く働くから素晴らしい社会になっている。皆で働くから便利な社会。どこかの国みたいに、日本には文句言えば何とかしてくれる、と思っているなら大間違い。最初は優しい日本人も、出来ない人に厳しくするのは当然。日本語も分からない、世の中の事も知らない、世界の中でミャンマー人は笑いものですよ。

日本でもいい人ばかりではない。差別されたり馬鹿にされることもある、でも悔しかったら、絶対見返してやるぐらいの気持ちで勉強して頑張る気持ちがないと外国に行ったらだめだと思う。ミャンマーは素晴らしい国なんだから、ここで十分幸せになれる。
人の国に行くんでしょう。勉強して仕事させてもらいに行くんでしょう。日本にも、ミャンマーと同じように、郷に入っては郷に従え、ということわざ、ありますよ。他の国に行くんだったら、文句言わずに辛抱しないとだめです。

ミャンマー人には素晴らしい所が沢山ある。ミャンマーの誇りを忘れず、日本を愛して、日本の周りの人々がミャンマーの人に来てもらって本当に良かった、素晴らしい人達だ、と思われるような気持ちで頑張りましょうよ。

もし、日本に行く事を決めて、日本に行って、困ったことがあればいつでも連絡してください。相談にのります。もし、本当に悪い人達がいたら、すぐ連絡下さい。


9月薬膳断食&内観リトリート実施

8月の和心の会は、事前告知前にお申込みを頂き、満員御礼となりました。ありがとうございます。一度ご参加された方が、継続参加をご希望して下さる事は、本当にうれしい事です。また、噂を聞いて遠くからご参加の皆様が増え、事前に泊まりがけでお手伝いに来て下さる方も現れ始め、本当に感謝です。
9月、10月と予定通り実施致しますので、参加ご希望の方は、申込フォームは3か月分の先行予約が可能ですので、お早めにお申し込み下さいませ。

陽月堂は会社として運営していますので、もちろん、一般では主宰側とお客様がおられ、お招きする、ということになりますが、私たちは、会社組織を作る前も後も変わらない思いと行動、そして運営形態で進めています。

奉仕には、「人手が足りない」ということは有りえない!という気持ちで、若干名から始めた拠点運営、そして会社運営ですが、変わらずボランティア参加して下さる方が自然に表れ、出来る時にできることを最大限に奉仕されている姿には感謝しかありません。


また、セアロ師の拠点内で運営してきたNPO法人、CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの日本での活動も、陽月堂メンバーは変わらず出来ることをさせて頂いております。皆様の活動参加、お手伝い、プログラムスタッフ参加など、これまで通り大歓迎ですので、いつでもお気軽に声をかけてください♪

さて、陽月堂念願のリトリートが9月に実施できることになりました。久しぶりの「断食内観瞑想リトリート」です!!しかし、全くの「断食」ではなく、陽月堂らしい特別な企画として、「薬膳」を取り入れたリトリートをセアロ師にアドバイス頂き、実施させて頂けることになりました。心も体も安らかに和めることを願って、施設を最大限に活かした企画です♪

こちらも、チラシとサイトを作成している間にもお申込みを頂いておりますので、ご希望の方は、ぜひお早めにお申し込みくださいませ♪2泊3日の合宿です。スタッフ参加をご希望の方も大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

  薬膳断食&内観リトリート





ミニリフォーム業務

陽月堂の業務は、多岐に渡るものですが、今回は初めて出張ミニリフォーム業務に取り組みました。当社員が、自社スペースを自ら改修工事をする様子を見ていた方から、当社の社員に白羽の矢がたち、お客様からミニリフォームのご依頼を受けることになりました。

お客様は、NPO活動のご縁で、当社の社員とも一緒に活動したことがあり、まだまだ素人仕事ではありますが、当社にお仕事を依頼してくださいました。
今回のミニリフォーム業務は、5畳スペースの洋間の壁紙貼替工事です。

自社改修工事の経験を活かすチャンスをいただけて、社員も一丸となり工事に取り組みま
す。
雑用班として社員である私も参戦しましたが、平面に見える壁も微妙な凹凸や傾きがあり、自分にはとても対応できない、なかなか手ごわい状況でした。

お客様もご一緒に作業中!
  

丁寧な仕事を心がけます!!

午前9時過ぎから夜8時位まで、お客様自らも作業に参加してくださったりで、無事工事は終了しました。


新しい壁紙によって部屋がとても明るく変身!


専門職の職人さんであれば、壁紙に糊ツケするのも、壁紙を寸法通り裁断するのも優秀な機械を持っておられるとのこと、、しかし、陽月堂は、、人力です。。


プロの方から見たらもどかしい光景でしょうが、心を込めて、精一杯、全力で取り組む!
それは、プロの方にも誇れる私達だと、自負しております(笑)


ミャンマー滞在2日目

2日目は、JMCが計画している作業所の用地を見学に行きました。現在は、JMC本社事務所は、ヤンゴン市内にありますが、雨季には全てがストップしてしまう農村部の工場だけでは年間通じた製造や研究ができないこともあり、今後の業務展開を見込んで、新しく作業所を兼ねた支所を建設する予定とのことです。

作業所建設予定地


区画内に自生している椰子の木
周りの木々の伐採から始まるであろう、作業所建設ですが、ミャンマーの今後を担う真の起業家たちが活躍できる場所になっていくことを願っております。

******

またこの日は、私たちが日本より持参した商品を、早速JMC社員の知り合いの方が見に来たい、ということで、即席ショップを設け、数名の女性客がありました。


日本製のコスメ商品はこちらでも女性に人気のようで、以前利用したことのある日本製のシャンプーをとても気に入っておられ、サンプル持参したものだったのですが、早速に完売!
日本製シャンプーを手にとり。。
今回は、JMCからの提案があり、NPOつながりの皆さまより、自宅で眠っている日本の着物(中古品)をご提供いただきました。数点の反物や着物を展示しました。来訪者の中に衣服デザイナーの方がおられ、着物の生地を使って何か制作物などができるのではないかなど、JMCスタッフと話に花が咲いていました。

着物をじっくり観察
接客の後は、伝票・会計処理が待っております。


納品書(請求、領収)を記載し、お取引完了です。
しかし、体温を超える暑さの中、現地の皆さんは「暑いですね~」と涼しげな笑顔でいらっしゃり、さすがですねー。

まだまだ共に勉強していかなければならないことが多々ありますが、一つずつ前進あるのみで頑張ってまいります。

ミャンマー滞在1日目

5月8日より陽月堂社員3名でミャンマーへ、滞在しております。
今回の訪問目的は、私たち陽月堂と同様に、NPOを母体に社会貢献型の会社として設立された、現地法人、地道ミャンマー(以下JMC)との事業提携や、NPO事業としての協働活動です。
JMCは陽月堂より1年早く設立されており、現在はココナツオイルをはじめとする加工品や地元の雑貨を取引きさせてもらっています。同時に、ミャンマーで根強い人気の日本製品を少しずつですが持参し、現地でJMCショップ事業が開始できるよう準備を始めたところです。
その他、JMCの農産物加工品研究、開発事業展開のサポートや、会計処理や販売業務の管理などもサポートしつつ、NPO活動時代より培ってきた心の学びも活かし合いながら互いの発展に向けてスタートです。

到着当日は、仕入れた商品の検品、価格検討を行いました。また、NPO関係者よりお預かりした寄付品・バザー品は、従来通り自立支援に役立てられるよう、現地のメンバーとも営業部門と社会貢献を明確化していく考えを共有しました。


JMC関係者が、単に接客のマニュアルを学ぶのではなく、商品に対しての知識はもちろん、現地のお客様相手にどのような意識で対応するとよいのか、そして、お客様との信頼関係をどう構築していくか…等、陽月堂が大切にしている日本流の商いの素晴らしさを、実践を通じて少しずつ伝えています。

共に働きながら、お互いに学ぶ機会も多いのですが、ここから、互いの美しさを尊敬しあえる関係でつながっていけるよう、地道に一歩ずつ進めたいと思います。


アメリカの皆様♪

4月5日より、アメリカからの皆さんをお迎えし、5日間の研修が始りました。初日は、近くの神社にお参りに行ったり、今年は遅咲きですが桜を求めてドライブしたり、わずかな時間でしたが、サンドイッチでお花見を楽しんで頂きました。



前日まで、青空に春の陽気でぽかぽかしていた倉敷でしたが、残念なことに小雨が降り始める肌寒い天気でしたが、心はうきうき♪これから始まる研修にむけて、参加者相互+陽月堂スタッフの交流の始まりです。
リクエストもあったことから、初日の夜はお寿司屋さんに行き、2つのテーブルが競うように回転寿司のお皿を高く積みあげていました。その数、1テーブル50皿!!
陽月堂スペースにて、これから始まる研修のオリエンテーションが行われて初日終了。
皆さんの学習目的は、日本での共同生活や、料理実習、食を味わうことを通じて、「"違い"を楽しみ、万物に支えられていることへの気づきと感謝、そして自分が得たものを他に活かすこと」です。

文化や生活習慣の異なる日本で、掃除、炊事、洗濯等、シンプルな日常を意識しながら体験し、食を通じて生かされ支えられていることを体感しようという企画です。講師の指導のもと研修を進め、手間暇かけた陽月堂ダイニングの食事やパン工房のパンも研修課題に役立てて頂き、日本人のスタッフやボランティアが後方支援を担います。

2日目は、石窯で焼くパン作りの実習を行いました。主食として沢山パンを食べている皆さんですが、パンを作ったことがある人はほとんどいませんでした。陽月堂COCOWINパン工房が使っている、ミャンマーのココナツオイルの話、小麦やパンの話などをお伝えすることからスタートです。

材料選びから、全ての工程を手作りし、炭に火をともしてパンを焼く、という工程を体感して頂き、単に「ナチュラル」や「オーガニック」だから良い、という評価基準ではなく、食べ物に対する意識や、愛を込めて取り組む心に注視してもらいながらパン作りを進めました。
●パン実習の様子はこちらから→http://coco-win.blogspot.jp/


陽月堂ダイニングでは、手間暇かけた「本物の料理」を毎回ご提供させていただきました。研修中には、クッキング実習を行ったり、日本ならではのお料理も味わっていただく機会を設けました。
●ダイニングの様子はこちらから→http://yougetudo-inc.blogspot.jp/

リトリート最終日には、近隣の後楽園、岡山城を見学していただき、和の国、日本の春を満喫していただきました。



そしてこの日のランチは、なーんと、外食で日本人の大好きな?ラーメンランチを食べていただきました。お味の感想は、おいしかった!という方もいれば、NO!という方もいましたが、陽月堂ダイニングのお味とはまた違った日本の味を体験していただけたのではないかと思います。

数日間の日本滞在で、アメリカメンバーのそれぞれの心の中の気づき、得たものを本国アメリカの地で活かし輝いていかれることを祈り、研修は終了しました。